読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばさんぽ。のうぇぶさんぽ。

新卒でニートになった男のブログ。主に心理学、田舎暮らしについて発信中。

たった一杯のコーヒーでなめられない人になる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

f:id:SuzukiNoNote:20170330173701p:plain

公開 2017年3月30日

 

「後輩にも同期にもなめられっぱなしだ…情けない」って自分を責めてる人、結構いらっしゃるんじゃないですかね。そんなあなたへ、一杯のコーヒーでなめられにくくなる方法をご紹介。

 

あくまで、今までの自分よりは多少なめられにくくなるかもよぐらいのお話なんで、生まれ変わったように急になめられなくなる方法をお探しの方は他を当たってくださいな(ごめんなさい、タイトルですこしあおりました)。そんな魔法みたいな方法、ぼくは知らないもんで。

 

〇目次

 あるコーヒーを頼むと地位が高く見られる

 

飲食店に行くと、「S、М、L」でサイズを選べる商品がありますよね。例えば、コーヒーとか、ピザとか。

 

でね、「選ぶサイズであなたの地位が変わる」っていう安い自己啓発みたいなことを、なんと実際に証明した実験があるのでご紹介。

 

 

Lサイズのコーヒーで地位が高く見られる

 

 ある研究グループの実験で、被験者に数種類のストーリーのいずれかを読ませて、登場人物について質問したんですね。

 

基本的にストーリーのパターンは同じで、ある人物が、スムージー店やピザ店、コーヒー店に入って、「S/M/Lサイズ」のなかから注文するサイズを選ぶという設定。

 

で、被験者には、以下のような項目で、その人物を評価してもらったと。

 

・いくつかの項目のうち2つは、地位の高さと関係があるもの(ステータスの高さ、尊敬を集めてる度合いなど)

 

・そのほかの項目は、地位と直接関係ないもの(正直さ、魅力の度合いなど)

 

 

結果はと言いますと、

 

被験者は、Lサイズを選んだ人物を、S・Mサイズを選んだ人物よりも地位が高いと判断する傾向があった

 

・最も地位が低いとみなされたのは、Sサイズを選んだ人物だった

 

・地位と関係ない項目には、選んだサイズの大きさは影響しなかった(地位に関しての項目にのみ、サイズの大きさは影響した)

 

 

つまり、地位が高く見られたい人、あるいは地位を高く見せたい場面では、大きいサイズのものを注文するといい感じ。上司の威厳を出したいときとかね。Lサイズのコーヒーで威厳を出しつつ、晴れの日をねらって頼みごとをするとか。

 

逆に、威圧したくないときはSサイズにするとかね。好きな人の前で、「おしとやかな人に見られたい!」ってときはSサイズを頼んでみるのもいいかも。映画デートなら飲み物を注文する機会はあるし。

 

 

 まとめ

・地位が高いと見られたいときはLサイズを注文する

 

・地位が低いと見られたいときはSサイズを注文する

 

 なめられっぱなしの人は、Lサイズの商品を注文すると、いつもよりはなめられなくなるかもしれません。

 

 参考文献

赤を身につけるとなぜモテるのか?